マンション管理士は、

分譲マンション管理組合の運営に関わるマンション管理のさまざまな問題に対して、専門的知識や経験をもとに、解決をサポートするコンサルタントです。それでは、マンション管理士とはどういった専門家なのでしょうか?

マンションを購入したら、そのマンションの区分所有者として区分所有法(マンションの法律)とかかわることになります。

区分所有者は、管理組合を構成して建物や敷地を維持管理しなければなりません。

管理の実行役は、管理組合の理事です。

管理組合の理事は、

それぞれの生活がありますし、さまざまな問題やトラブルに対応するには負担なかたもいます。また、住まいという財産を守るためには、専門的分野の知識が必要になる場合もあります。

マンション管理士の基本的な役割は、

理事の負担を減らし、将来安心して生活できる組合運営を維持するため
「管理組合」が抱える課題をコンサルタントとして解決に導く役割が求められています。

マンション管理士に求められる知識は、修繕工事や建替え、耐震化、管理費滞納、法人化、規約改正など広範に渡ります。管理の問題は年々複雑化しております。

課題の解決には、法律,建築,設備,税務,会計,登記,保険,管理組合運営などさまざまな知識や専門家との連携が必要になる場合もあります。

広範な専門性のある分野を基に,理事の仕事を軽減して、管理組合の運営をサポートできるのがマンション管理士です。

マンション管理の問題は、さまざまな原因が複雑に絡み合っているケースが見受けられ、1~2年交代の役員が継続的に問題意識をもって対応するのは難しい状況です。
程度の差があっても、マンション管理士のアドバイスやサポートの必要性を感じています。管理組合が抱えている問題に対し交通整理をして、管理組合の事情に合わせた解決と円滑な運営を目指します。

 中立的な立場のマンション管理士は、仲介役として住人同士の感情的な揉め事を解決に導く役割も求められています。

偏った情報にとらわれず、管理運営に興味もって誰もが参加できる仕組みを構築していきます。管理組合の円滑な運営や大規模修繕工事の適切な実施など客観的立場から適正化法(管理組合が適正に運営され、マンション管理業者の資質が担保されることによって適正なマンション管理を推進し、マンションにおける良好な居住環境の確保を図ることで、国民生活の安定向上と国民経済の健全な発展に寄与することを目的として法律)に基づいた管理組合運営をサポートします。

まずは、相談内容をお聞きします。その後、糸口の優先順位を決めていきます。マンション管理士は、秘密保持義務(マンション管理適正化法第42条)がありますので安心してご相談ください。