令和2年6月に「マンションの管理の適正化の推進に関する法律及びマンションの建替え等の円滑化に関する法律の一部を改正する法律」が成立・公布されました。

これから、マンションは、どうなっていくのでしょうか。

現在、築40年を超えたマンションは、81万戸あります。

10年後には、2倍以上の198万戸となり、

20年後には、4.5倍の367万戸増える見込みです。

維持管理等に係る意思決定には、

・意識の違い
・価値観の違い
・経済力等

の違いがあるなか、合意形成が必要です。

未来に関する主張は、意見が分かれて当然ですから、

合意形成には、とにかく時間が必要です。

法律が改正し、マンションに必要なこととは。

①適切な長期修繕計画と適切な修繕積立金の設定金額

②管理組合(理事会)の適切な運営

③正確な情報

が、将来のマンションに与える影響は大きいものと考えます。