2022年までに、自治体が管理組合の活動内容を評価して管理が行き届いた組合を認定する制度が創設されます。

実情に応じて、自治体が管理組合に対して指導・勧告できる規定も新設されます。

国の基本方針に基づいた管理計画が策定されたら、現組合運営と照らし合わせて

見直しが必要になることと思います。

敷地売却、敷地分割、建替え

など今まで、計画していなかったことが、

法律の改正によって、マンションの将来像の選択肢の一つに加わることもあるかもしれません。